各種法令・制度・手続き

Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

   一酸化炭素中毒による

    労働災害が発生しています!

最近、岡山県内において、エンジンカッター等の内燃機関を使用した機械による、一酸化炭素中毒による災害が多数発生しています。

災害事例1

スーパー店舗内で、水路配管を設置するためエンジンカッターを使用して床切断工事を行っていたところ、一酸化炭素中毒で倒れた。

〔排気ファン設置あり、防毒マスク着用(CO用ではなかった)〕

災害事例2

工場内で、ブルーシート養生を行い、エンジンカッターを使用してコンクリート土間切断作業を行っていたところ、一酸化炭素中毒で体調が悪くなった。〔排気ファン設置あり〕

災害事例3

建物の地下トイレが詰まったため、設備業者がエンジン式の高圧洗浄機で詰まった箇所を除去していたところ、一酸化炭素中毒で気分が悪くなった。〔排気ファン設置あり〕

  

原 因

 (1)作業計画(作業手順書)がなく、換気等の検討が不十分であった。

 (2)いずれも自然通風・自然換気がほとんどなく、排気ファンを設置していたが、有効な換気となっていなかった。

 (3)有効な呼吸用保護具を着用していなかった。

 

*当該機械等を使用して工事を行う時は、以下の対策・措置を確実に行って下さい。

労働衛生

管理体制

(1)作業計画、作業手順書の作成

(2)専門工事業者との連絡調整

(3)労働衛生教育、健康管理、立入禁止の措置

(4)事前にリスクアセスメントを行う

作業管理

(1)換気装置・呼吸用保護具等の選定

(2)一酸化炭素用警報装置等の設置・点検、一酸化炭素濃度測定

 呼吸用保護具(防毒マスク・送気マスク等)の管理

作業環境

管理

(1)換気は時間的に均一に行う

(作業時は1時間当たり作業場所の気積を20回以上換気する)

(2)換気装置の性能の確保(点検)、一酸化炭素濃度測定

建設業における一酸化炭素中毒防止のためのガイドラインのポイントPDF2256KB

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

労働基準部 健康安全課 TEL : 086-225-2013

2017922135349.png無題.pngninteikigyou.pngバナー.jpg新卒・既卒者対策 個別労働紛争解決制度

岡山労働局 〒700-8611 岡山市北区下石井1丁目4番1号岡山第2合同庁舎

Copyright(c)2000-2011 Okayama Labor Bureau.All rights reserved.