ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 各種法令・制度・手続き > 安全衛生関係 > 法令・制度 > 全国安全週間を迎え建設現場の局長安全パトロールを実施
各種法令・制度・手続き

Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

全国安全週間を迎え建設現場の局長安全パトロールを実施

 女性の働きやすい環境整備のため、雇用環境・均等室長も参加

 

全国安全週間準備期間である平成28616日に岡山市水道局本局庁舎建築その他工事(岡山市北区鹿田町)において岡山労働局、岡山労働基準監督署と建設業労働災害防止協会岡山県支部が連携して安全パトロールを実施しました。

金田弘幸岡山労働局長からは、冒頭のあいさつの中で、管内の建設業における労働災害の状況と対策について説明しました。

IMG_2625.JPG 

「平成27年はそれまで上昇傾向であった死傷災害が減少に転じたものの、依然として多発傾向で推移していると評価されます。同年の死亡災害は2人でしたが、28年は現時点

で既に3人となっていること等から災害防止に向け一層の取組が必要です。また、27年の死傷災害では墜落・転落災害が最も多く、次いで飛来・落下災害となっていることから、災害防止はこれらのリスクを適切に洗い出し十分な対策を講じていただく必要があります。」

パトロールでは、墜落・転落災害防止、飛来・落下災害防止の取組みや、熱中症予防の取組みを重点的に点検し確認していきました。

IMG_2635.JPG 

また、建設業は、主に現場において、女性の働きやすい環境整備に課題があることから、今回、初の試みとして、女性の活躍推進を担当する当局の山田泉雇用環境・均等室長も同行し、女性労働者からヒヤリングを行う等、働く女性の目線に立って雇用環境の整備状況をチェックしました。

当日のパトロールの状況はテレビ、ラジオ、新聞等多くのマスコミにも取り上げられ、社会の関心の高さをうかがわせるものでした。

建設現場は総じて人手不足の状態であり、労働者の高齢化、女性の進出の遅れ、災害の多発といった課題がありますが、国民の安全・安心な生活と財産を守る意義のある仕事であり、一層の雇用改善により魅力ある職場づくりに努めるとともに、労働災害のない現場の実現を通じて安全・安心して働ける環境整備をお願いします。 

 

  全国安全週間(PDF1214KB

  熱中症を防ごう(PDF985KB

  9次建設雇用改善計画の概要(PDF1214KB

  建災防岡山県支部(同HP

  一般社団法人日本コンサルタント会岡山支部(同HP

  ※各労働基準監督署でもパトロールを実施しています。

  (監督署のページへリンク

この記事に関するお問い合わせ先

労働基準部 健康安全課 TEL : 086-225-2013

2017922135349.png無題.pngninteikigyou.pngバナー.jpg新卒・既卒者対策 個別労働紛争解決制度

岡山労働局 〒700-8611 岡山市北区下石井1丁目4番1号岡山第2合同庁舎

Copyright(c)2000-2011 Okayama Labor Bureau.All rights reserved.