各種法令・制度・手続き

Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

化学物質リスクアセスメントの実施

『ラベルでアクション!』

化学品のラベル(絵表示)を見たら有害性情報を確認し、対策を実施しましょう

 

 労働安全衛生法の改正により、「化学物質に係るリスクアセスメント(H28.6.1施行)」の実施が義務化されました。

  事業者と労働者が、取り扱う化学物質の危険性や有害性を認識し、事業者はリスクに基づく必要な措置を検討・実施し、労働者は危険有害性を理解して、リスクに応じた対策を実行することが大切です。

 このため、「ラベルでアクション」をキャッチフレーズとして、化学物質のもつ危険有害性を把握し、行動を起こすよう、すべての関係者に対し促していきます。

 

★実施事項 

 ア.化学物質のラベルを確認して危険性・有害性を特定、また、安全データシート(SDSを入手して、

  リスクを見積り、リスクの低減措置の内容を検討、実施する。

 イ.リスクの見積りには、化学物質リスク簡易評価法(コントロール・バンディング)を活用する。

      (厚生労働省HP)

 

 *【誌上講習会】化学物質リスクアセスメント講習会の内容をご紹介します!!(H28.9)

 *ラベルでアクション」リーフレット(PDF937KB)

 *「化学物質リスクアセスメント」関係について(厚生労働省HP)

 *《ラベルでアクション》~事業場における化学物質管理の促進のために~(厚生労働省HP)

  ・ポスター(ラベルでアクション:PDF1010KB)

  ・ポスター(作業前に絵表示を確認:PDF913KB)

  ・携帯カード(ラベル絵表示確認カード:PDF621KB)

  ・ペーパークラフト(絵表示12面体:PDF413KB) 

          

 

この記事に関するお問い合わせ先

労働基準部 健康安全課 TEL : 086-225-2013

岡山県最低賃金バナー.png無題.pngninteikigyou.png人材PR新卒・既卒者対策 個別労働紛争解決制度

岡山労働局 〒700-8611 岡山市北区下石井1丁目4番1号岡山第2合同庁舎

Copyright(c)2000-2011 Okayama Labor Bureau.All rights reserved.